5.14.2014

framesetを使う時

HTML5でついにframesetタグが廃止された。
framesetを使ったページは嫌いだが、僕が最初に作ったホームページでもframesetを使ったのであまり文句は言えない。
そのときに参考にしたサイトにframesetを使うならnoframeタグでフレームをサポートしないブラウザで表示しても良いように作ると書いてあった。
よくあるソースが
<noframe>
当ページはフレームを使用しています。
申し訳ありませんがフレーム対応ブラウザでの閲覧をお願いします。
</noframe>
というもので、HTMLソースを見る人なら一度は見たことあるだろう。

なんとなく<noframe>というタグにはこう書いておくもんだと思ってないだろうか。
でもそのサイトにはこれはnoframeタグの完全に間違った使い方だと書いてあった。
noframeタグはそもそもフレームをサポートしないブラウザでもサイトの情報が見られるようにサイトの内容とかコンテンツページへのリンクを書くためのものだという。
発想の転換というか本当はそういうもんだというのは知っておいて損しない。(本当にユーザのことを考えるとどうするのが良いか、という考え方だ。)

このblogもそうだけど最近はパソコンで表示してるかスマホで表示しているかでレイアウト等を切り替えるサイトが多い。これはframeset、noframeと似たような状況だ。
スマホ用の表示で「当ページはパソコンで見るように最適化されています。申し訳ありませんがパソコンでの閲覧をお願いします。」なんて書いてたらなんだこの糞ページと思われるだろう。
スマホはパソコン用のブラウザと同じ表示が出来るのでスマホのユーザを無視するとしても敢えてそんなメッセージ出すことない。
それに比べるとフレームをサポートしないブラウザはどうしても見れないのでフレーム無しページを作る気はなくてもせめて何か書いておかないと良くないという違いかな?
にしてもnoframeタグでコンテンツが表示されるような作りのサイトは一個も見たことが無い。
まぁnoframeタグ内をそんな凝った作りにするならそもそもフレーム使わないで作るだろうし。
今後フレームを使ったサイトを見る際はnoframeに何て書いてあるかも見てニヤッとしましょう。

今更なんでこんなこと言うかというと久々にframesetを使ったページ(しかも新しく作られたページ!)を見てしまったからだ。
もうやめましょうよ・・

0 件のコメント:

コメントを投稿