3.04.2014

Exclude search terms

一昔前に比べて検索サイトが使いづらくなった、とまでは言いませんが、何を検索しても出てくるページは大体同じ、という気がしないでしょうか。
スーパーサイズミーという映画の中で誰かが、アメリカではどの町に行っても既視感があると言ってました。「Kマート、ウォルマート、ウェンディーズ」「 Kマート、ウォルマート、マクドーナルド」「Kマート、ウォルマート、ウェンディーズ」…と一握りの大企業がグルグル回ってると。

こんなことを思ったのは今ちょっと大きなレストランとかを店名で検索すると「ぐるナビ」か「食べログ」、ちょっと下に「ホットペッパー」が必ず出て、それだけで検索結果2,3ページ埋まってしまいます。勿論それらの口コミはチェックするんですが、大きなサイトに投稿される口コミ以外に、個人的に開設されたブログの方がより自由な意見が載せられるんじゃないかなと思います。(食べログへの投稿は多数に閲覧されるでしょうが、残念ながら個人ブログの投稿記事はほとんど見られないという現実を知っていますw)

そこで飲食店名での検索時は「-gnavi -tabelog -hotpepper」を追記すると小さなサイトも上位に出てきます。ついでに「ブログ」というキーワードも加えると個人のブログがかなり上位に来るんではないでしょうか。
例:トライベックスを検索

同様に商品名で口コミを探すときは「-rakuten -amazon」とかでしょうか。

改めて「~を含めない」という検索機能を使ってみました。
ちなにみに日本では「イオン、ジャスコ、西友」「イオン、ジャスコ、トイザらス」「イオン、ジャスコ、TSUTAYA」とか?ちょっと違うかな…

 せめて企業のニュースサイトを除外するとか、SNSサイトを除外するとかあればいいんだけど。
個人サイト(?)の中でもニュースの2chの反応を紹介しているだけのサイトとか過度に煽るような変なサイトは出来れば除外できる機能が欲しいなぁ。
一昔前は全自動ロボット検索の方が絶対優れていると思っていたが今こそ手動登録型検索サイトが見直されるべきか?

0 件のコメント:

コメントを投稿