7.27.2013

Prometheus

プロメテウス」見ちゃいましたー。近所唯一のDVDレンタル屋がどことなく店仕舞いの準備を始めてる雰囲気だったので応援のため借りて見ました。(旧作が一つ350円じゃぁ、オンデマンドとかツタヤとかに勝てないよね)
で、
いやぁ~良かったですw
以下ネタばれ注意です。
始めは「2001年」風のハードSFなのか「エイリアン」風な宇宙モンスター映画なのか知らずに見始めて、どっちかなーと思ってたんですが、、

静かで巨大な宇宙船にピシっとした格好の落ち着いた乗組員がたった一人、そして宇宙船のコンピュータから無機質な声で話しかけられる第一声
「…デイヴィット」

キター!2001年キタこれ!
宇宙ものSFが大好きなのでこの一声で一気に引き込まれました。HALはデイヴィットでなくデイブと呼んでましたね。
人類誕生の秘密、さぁどういう展開になっていくのか楽しみで楽しみで。。。
そして唐突に現れる怪しい形の未知の生命体。何の警戒感も無く近づく面白乗組員。
「ギヤァ~!」
宇宙モンスター映画始まったコレ!!
それが分かった時点で一気に緊張感が抜けちゃって、あとはなんとなくグロい感じのエイリアン映画になっちゃいまいしたねぇ。。主役の女性研究者もあんまり良いキャラじゃなかった気がするしなぁ。リプリーだったら絶対「(私ごと)殺して!」とか「地球には持ち帰らせないわ!」とか言いながら溶鉱炉に飛び込むシーンがあるんですが、そこで最新の手術マシンで麻酔かけてエイリアンを取り出すとかがちょっと…
いやいいんです。人間ですから。痛いの嫌だし出来れば生きて帰りたいでしょう。
全体的に楽しめたんで良いですが、しかしただのパニックホラーなB級映画を大げさなCMして売り込むってのはあまり良くないですよー
でも宇宙SFものが好きならまぁ普通に面白く見れるハズです(でもSF映画としては「スフィア」とかの方が面白いよ )。

ついでに日本語吹き替えも少し見てみました(初見は英語と日本語字幕)。一気にテレ東平日の午後のロードショー風に変わったw
いや午後のロードショーだって普通にうまい声優さんなんですが、なんか主役の声優の下手さと映像の完成度の高さがうまくバランス取って普通の午後のロードショーみたくなってました。

も一つついでに、最初の方でルービックキューブ型のインターフェースで映像を出すっていうSFアイテムが出てくるんですが、これ凄く懐かしくて、多分、天地無用の美星さんが持ってたやつが元ネタかな?多分だけど…

0 件のコメント:

コメントを投稿